海水水槽用ライト(ラディオンG5購入)開封とメーカー市販のアーム無しでの設置まで

皆さんこんにちは。DANです。

ラディオンG5発売しましたね。

ただ、値段は結構高いし、

専用のアームも必要だし買うのはどうしようかな?

と悩んでる人が居るかもしれません。

そこで今日は海水水槽用照明である

Radion G5 XR15 Blue 

を購入したので、開封とレビューをしてみたいと思います。

今後実際に使用した時の経過報告などもブログで掲載していきたいと思います。

1 ラインナップ

まずラインナップですが、

  • Radion G5 XR30 Blue
  • Radion G5 XR30 Pro
  • Radion G5 XR15 Blue
  • Radion G5 XR15 Pro

の4つのラインナップがあります。XR30とXR15の違いは、

LEDライトの数の違い

です。

XR30の方が数が多く、XR15の方が少ないというものです。

画像は今回購入したXR15のものです。

XR30はこのLEDの数が概ね倍ぐらいの数がついているものと思います。

発売もXR30の方が先に発売されていました。

自分がXR15の小さい方を購入した理由ですが、

自分の水槽は半分がミドリイシでその他はLPSとソフトコーラルを飼育しているので、ラディオンほど強い照明が必要なかったためです。

2 BlueとProの違い

BlueとProの違いですが、

LED素子の違いかと思います。

Proの方が白色のLEDが多く、

Blueの方が青色のLEDが多いです。

購入前にショップでXR30のデモ機により、

ProとBlueの色の違いを

確認してみました。

自分個人的な意見ですが、

Blueの方が色も綺麗でミドリイシなどの飼育もしやすいのではないかと思います。

色とびしていますが、

実際に100%の出力で照明を付けた画像になります。

画像で見ると青が強く写真ではかなりべったりした色の衣装になっているのが残念ですが、

実際にはかなり透明度の高い青色でLED特有の水面の揺らめきなどもでており、

かなり綺麗にミドリイシの色を演出できる照明になっていると思います。

ちょっとライトが曲がっているのはドンマイです。

(写真撮ってから気が付きました)

3 同梱機材

写真が同梱機材になります。

あ、猫の手は同梱されてませんよ。

電源ケーブルとアダプタ。

そして吊り下げようのビスのようなものが同梱されいます。

別売りでアームなども売られていますが、

今回は購入しませんでした。

4 追加購入品

今回同梱されていたものの中に、

吊り下げ用のワイヤー等は封入されていなかったので、

自分はホームセンターでワイヤー2本とリング4個、S字フックを購入してきました。

全部買って900円くらいでしたが、S字フックは使いませんでした。

リングの使い方は、

封入されていたビスに画像の通り通しました。

一応耐荷重が1つで1.5kgまでOKなので、問題ないと思います。

この画像が取り付けた様子になります。

このリングを取り付けた後は、

リング内にワイヤーを通して、設置します。

設置した様子の画像になります。

特に問題なく設置されており、

途中で外れる等の事故も少ないと思います。

とりあえず、取り急ぎここまで設置しましたが、

このラディオンはアプリで照明を細かく設定することができるので、

次回はそのあたりと、実際の使用感について記事を書いていきたいと思います。

ラディオン関連記事

水槽照明ラディオンG5対応Mobiusアプリ使い方

ラディオンG5Blueを使っての水槽の変化

過去の水槽関連記事まとめ

最近の投稿

2件のコメント

コメントを残す