【猫ブロ日記】マイナーな毛並みの猫 ベンガル マーブル模様の猫(アメショじゃないよ)

ベンガルと言えば、タビーの毛並みで野生的なヒョウの様な模様を思い浮かべますよね。

自分もベンガルってそう言う毛並みだと思っていたんですよ。

でも、ウチに居るベンガルってなんか変なんですよね。

見てください。

これです。

わかりずらいですよね。寝ている姿が可愛くて思わずこの写真を選んでしまいましたが、もっと分かりやすい写真では、

これです。

マーブル柄なんですよ。

しかも血統書的には、両親は両方ともブラウンタビーなんですよね。

でもこの子はマーブルで色は灰色です。

珍しいですよね。

ただ、ベンガルとしての人気は全くない様です。

人気がなくても可愛ければ良いと思いますけどね(笑

ベンガルの性格ですが、物凄く人懐っこいです。

人の後ろを尻尾を微振動させながらついてきたりして人間が大好きの様です。

恐らく自分を猫だと思ってないのでしょうね。

そしてベンガルの特徴の一つに、被毛がシルキーコートと言ってシルクの様な手触りになるのですが、正直言って物凄く毛の触り心地は良いです。

ツルツルな毛並みのなんですよね。

性格は個性があるのでなんともいえませんが、ウチのベンガルは家に来た時から一度も喧嘩を売ったりすることはありませんでした。

と言うか知らない人が来たりすると、ベッドの下から出てこなくなるぐらいビビりです。

ビビリだけど人は飼い主は大好きな様で、猫のイメージである素気ないと言う雰囲気はありません。

しかもよく喋るので、人も猫も会話した気になれますよ。(意志が通じているかは不明です)

次の投稿

前の投稿

2件のコメント

コメントを残す