パープルクイーンアンティアス飼育(購入方法と購入時の注意点)

1 はじめに

 みなさんこんにちは。DANです。

今日も引き続きパープルクイーンアンティアスの飼育についてブログを書いていきたいと思います。

今日は思ったことを思い付きで書いていこうと思いますので、

短い文章になるかもしれません。

 手抜きじゃないよ

2 パープルクイーンアンティアス購入方法

 ⑴ ショップで購入

 パープルクイーンアンティアスを購入するにあたり、

ショップで購入することができるときは、

ショップの店員さんにハードルは高いかもしれませんが、

餌付けの程度について確認してみましょう。

 おそらく、多くのショップでは、

実際に冷凍餌などを入れて餌食いなどの様子を見せてくれると思います。

 もし、ショップで販売している状態で、

冷凍餌や人口餌を食べている状態であれば、

かなり高い確率で家の水槽でも飼育できると思います。

 そして、ショップで購入する際には、

魚をしっかり見ることができるので、

体表やヒレの傷、

さらに頭のあたりが煮干しのようにガリガリになっていないかを確認するのがいいと思います。

 お腹がへっこんでいるのや頭がガリガリになっているのは、

長期間餌を食べていない証拠なので、なかなか長期飼育は難しいのではないかと思います。

 ⑵ ネットでの購入

 ショップでの購入と違い、

ネットでの購入は魚の体表やエラなど様子を実際に目で見ることができないというデメリットがあります。

 そのため、できるならば、

購入前にショップにメールや電話で現在の魚の様子を質問してみるのがいいと思います。

 かしこまった質問ではなく、

    購入を検討していること

    魚の傷や餌の食い

など簡単にショップの店員さんが見ればわかる程度の質問であれば、

きっと親切に答えてもらえると思います。

 また、ネット購入のデメリットとしては、

真夏など輸送に時間がかかる場合などは、

死着する可能性があるということです。

 翌日到着の便で朝一番に受け取ることができれば、

ほとんど死着することはありませんが、

運送会社のミスや道路状況等により必ずしも時間通り到着するとも限らないので、

ネットでの購入はそれなりにリスクを負うことになります。

 自分もネットで生体購入をすることは多いのですが、

夏場は保冷材とともに、

冬場はカイロとともに送られてくることが多いです。

カイロでの郵送に関しては、

カイロが自身で継続的に熱を発しているので、

温度の維持能力は高いと思いますが、

保冷剤は溶けると温度維持出来なくなることや徐々にその温度が上がってくるため温度の維持能力は低いと思います。

自分のネット購入時にしていることですが、

購入した後にショップから発送連絡を受けた時点で、

運送会社に連絡し、事業所での受け取りに変更してもらった後、

朝イチで事業所まで取りに行くということをしています。

これでもつい先日夏の暑くなる予報が出ていた日しか仕事が休めずに、

運送会社に連絡して朝イチに事業所まで取りに行きましたが

運送会社のミスで朝イチに届かず昼過ぎに到着して取りに行ったら数匹死着していました。

それ以来夏のネット購入はトラウマになっています。

なので何が起こるかわからないと言うリスクがあるのがネット購入です。

3 雄雌の特徴

 ⑴ 雄

   口がとがって長くなり、背びれに模様が入る

 ⑵ メス

   イエローストライプドアンティアスの名前の通り背中に黄色いラインが入る

4 最後に

色々書いてきましたが、

コロナ禍の影響か最近は昔と違って輸入が減った事も影響して

あまりショップでも見かけることが無くなりました。

ただとても繊細で綺麗な魚で群泳している様子には癒されること間違いありません。

なので色々な方に興味を持っていただきマリンアクアリウムがもっと広まってくれれば嬉しいです。

過去の水槽関連記事まとめ

最近の投稿

6件のコメント

コメントを残す